【PR】

「こんな弱小ブログでもそこそこ稼げているという事なんだよ!!」
忍者AdMax
Ω ΩΩ<ナ、ナンダッテー!!

最新記事

人気記事ランキング

管理人他サイト更新記事

管理人の他サイト(ブログ)の最新記事一覧です。

カテゴリ

最新コメント

お気に入りRSS

お気に入りのRSSです。統一感ないです…
DATE: CATEGORY:ぼっちグルメ
JR南武線・武蔵新城駅から伸びる「あいもーる」というアーケードの商店街には、食事はできるところは多いですが、意外と居酒屋的な店は少ないです。

そんな中、以前確か洋食だったかパスタのお店があったところに、新たにお店ができました。

それが「日本橋山喜多・武蔵新城店」です。

普通、新店舗となるとチラシ配りとかやってそうなものですが、オープン日の2016年10月27日直前から当日もそれらしき気配がなく、店頭からのぞくお品書きなどから串焼きのお店という程度はわかりましたが。

なんとなくフランチャイズっぽいので検索してみると、東京の八幡山が総本店の模様。

オープン当日はさすがにこんでいたので、翌日金曜日の会社帰りに訪問。

奥に縦長の店内で、いきなり相席のテーブル、厨房を囲むカウンターが右手、左手が通路とテーブル席、奥にもテーブル席がある造りです。

普通のカウンターに座りたかったのですが、新装オープンお祝いのお花が置いてあってスペースが取られて、残りの席は埋まっていたため、手前の相席スペースへ。

まあ先ずは偵察ということで、生ビールと串盛りを注文しました。

直ぐに気づいて店員さんに確認したのですが、このお店はお通しがないんですね。

到着までの間、メニューを確認します。

メニュー1@日本橋山喜多武蔵新城店
写真1枚目:おつまみメニュー。完全に串焼き、特にもつ焼きがメインのお店のようです。

メニュー2@日本橋山喜多武蔵新城店
写真2枚目:ドリンクメニュー。あんまり安くないな…

しかもひっそりとオープン記念でドリンク割引していましたが、生ビールは入っておらず、ハイボールが380円→350円ってほとんど変わらんやん!!って感じでした。しかも最初の一杯のみ。

なんだかなぁ、と思っているうちにファーストドリンク到着。

生ビール@日本橋山喜多武蔵新城店
写真3枚目:生ビール(税抜480円)。スーパードライですが、これかなり量が少な目では。500mlなさそう。

そういやお通しがない上に串だとちょっと時間かかりそうなので、すぐ出そうなたたききゅうり(税抜280円)も追加。

たたききゅうり@日本橋山喜多武蔵新城店
写真4枚目:たたききゅうり。ちょっとピリ辛でつまむには最適。これをお通しで出してほしいな、と思いました。

こちらを「ひょいパクひょいパク」って感じで食べ終わった頃になって串盛りが到着。

串盛り@日本橋山喜多武蔵新城店
写真5枚目:串盛り6本(税抜780円)。

かしらや白ころ、レバー、ハツ、タン、豚バラといった組み合わせ。個人的にはハツが好きですが、こちらのはちょっと小ぶりかも。

鶏や豚という分け方ではなく、あくまでも「もつ」くくりなんですね。

もう少し食べたかったので、串系とそれ以外もオーダーすることに。

ごっついハムカツ(名前だけ)@日本橋山喜多武蔵新城店
写真6枚目:ごっついハムカツ(税抜380円)。「ごっつい」というのはメニュー上の表記でそうなっていましたが、実際にはいうほどごつくない。4枚あるのでそこそこ食べごたえがある、という感じです。

ガツ@日本橋山喜多武蔵新城店
写真7枚目:ガツ(税抜100円)。ガツって胃袋の部分なんですね。一本だけ頼むと寂しいもの。歯ごたえはあって、これは完全におっさんになってから食うもの、という感じです。

ハイボール@日本橋山喜多武蔵新城店
写真8枚目:ハイボール(税抜380円)。記事にする時点で気づきましたが、ビール用のジョッキに入れられているような。こちらも量は少なめ。

シロコロ4種セット@日本橋山喜多武蔵新城店
写真9枚目:シロコロの4種。タレ、山椒、柚須コショウ、塩わさび。どれも一本100円(税抜)で、味だけ変えて楽しむ感じかな。個人的には基本のタレが好み。

そろそろ腹も膨れたのでお会計。ビールは合計3杯、それとハイボール1杯にこれらの食事で税込み4,000円ちょいでした。

お会計の際に店員さんにうかがったところ、こちらで6店舗目だとのこと。食べログでは八幡の以外はヒットしませんでしたが。ちなみにカードは使えなかったです。

正直、武蔵新城でやっていくには厳しいかと。

あいもーる(アーケード商店街)には確かに呑めるお店は少ないですが、駅周辺には昔からある焼鳥屋さんから、フランチャイズの串揚げまで競争相手がごろごろ存在します。特に焼鳥屋さんはリーズナブルなお店もいっぱいあります。

そんな中、もつ串メインという一応の特色はありますが、一部は焼鳥店のメニューとかぶってしまっていますので、「あえてこちらにくるか」というと微妙なところ。

特に、アルコールやドリンク類にお得感が感じられないのが難点のような気がします。

千ベロのようなちょいのみしたい時に使いづらいですし、がっつり行くにはメニューが単調になりがちですし。

6店舗目、ということでしたら「ちゃんと下調べしたのかな」と考えてしまいました。

店員さんがまだ不慣れな感じの人が多いのは新店舗なのでこれからこなれていくのでしょうが、メニューや価格体系は再検討したほうが良いのでは、とも思いました。

今後どうなっていくのか、ちょっと気になりますね。

日本橋 山喜多 武蔵新城店もつ焼き / 武蔵新城駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0



関連記事

タグ : 武蔵新城 もつ串

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © AKIND’S HACKS ~ぼっちグルメとHACKSのサイト~ all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ