【PR】

「こんな弱小ブログでもそこそこ稼げているという事なんだよ!!」
忍者AdMax
Ω ΩΩ<ナ、ナンダッテー!!

最新記事

人気記事ランキング

管理人他サイト更新記事

管理人の他サイト(ブログ)の最新記事一覧です。

カテゴリ

最新コメント

お気に入りRSS

お気に入りのRSSです。統一感ないです…
DATE: CATEGORY:HACKS
以前の記事、

1年間すべてのレシート・領収書を保存した結果w

で紹介したように、レシートや領収書を今年(2015年)も半年ほど紙ベースで保管してきました。

しかし…やはり面倒&場所をとる!!

これじゃいくらマネーフォワード



で効率的に家計簿つけと資産管理していても、こっちの方で効率化の足を引っ張っています…

そのうち「領収書の電子保管もOK」になるはず(今年だっけか?)なので、ちょうど保管につかっていたマルマン A4 ルーズリーフ 5mm方眼罫 L1107も切らしたので、

OfficeLensとOneNoteでスマートにレシートを電子保存

できないかと検証してみました。

OfficeLensは元々はWindows Phone用のアプリでしたが、最近はAndroidやiPhoneでもアプリが提供された「進化型のカメラアプリ」。

というのは、撮影対象に合わせてトリミングや傾き補正、画像ファイル以外にもPDFやWord等に変換できる優れもの。

具体的には、名刺を撮影してpdf化したり、ホワイトボードも斜めからとってもきれいにpdf化して保存できます。

しかも、撮影してすぐにOneNoteにも送れるようになっています。

なら、レシートや領収書を片っ端から撮影して、それをOneNoteに保存すればペーパレス&OneNoteの検索機能で効率化できんじゃね?と考えました。

まず、OneNote側に領収書用のノートと、月ごとのページを追加します。
OneNoteに領収書用ノートと月ページ追加

で、OfficeLensで領収書を撮影して、作成したページに順次追加すればと思ったのですが。

OfficeLensで領収書を撮影した後のアップロード画面。
OfficeLensからOneNoteに送る設定
PDFにチェックをして、送り先はOneNoteで事前に用意したページへ…と思ったら、ノートは指定できるがページは指定できない。

で、OneNote側を見てみると…
OneNoteでページが分かれて保存

がーん。

撮影したデータ毎にページも分かれて保存されやがりました…

これではページ内でスクロールしてレシートを見ることができない。

しかも、画像データとして保存されてしまい、PDFはどこへ…

と思ったら、OneDriveのOfficeLensのフォルダが(自動的に)できて、そこに保存されてました。
OfficeLensで撮影したPDFの場所

また、PDFだけで保存はできないようで、画像データもOneDriveに入ってしまいます。
OfficeLensで撮影したデータは画像として保存される

もちろん、PDFをそれぞれ1枚の印刷イメージとして張り付けることはできますが…

また、ページ毎に画像で保存とはいえ、OCR機能は有効ですのでテキスト検索はできなくはないですが。

個人的な思いもありますがOfficeLensには

・撮影したデータの形式をPDFだけ(要は画像以外にだけ)にする

・OneNoteの保管先をノートではなくページ単位で指定

する機能を追加してほしいですね。

そうすれば、レシート・領収書の電子保管がかなり捗りそうです。

【おまけ】

レシートを撮影してデータを管理するアプリは結構ありますが、ちょっとでも得しようとおもったら

の「レシトク」というアプリを使うのも良いと思いますね。

単純にレシートを撮影→データ化だけではなく、商品のバーコードを撮影して換金も可能なポイントをゲットできます。

ただ、現在のところデータを「マネーフォワード」と連携できないというのが惜しいところですが(改善要望はあげましたが)。

レシレコだと「マネーフォワード」に連携は可能です。
関連記事
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © AKIND’S HACKS ~ぼっちグルメとHACKSのサイト~ all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ