【PR】

「こんな弱小ブログでもそこそこ稼げているという事なんだよ!!」
忍者AdMax
Ω ΩΩ<ナ、ナンダッテー!!

最新記事

人気記事ランキング

管理人他サイト更新記事

管理人の他サイト(ブログ)の最新記事一覧です。

カテゴリ

最新コメント

お気に入りRSS

お気に入りのRSSです。統一感ないです…
DATE: CATEGORY:HACKS
私は仕事柄、ファイルサーバを取り扱っています。

社内などでファイルを共有する手段としては手軽なのですが、それ故にユーザが自由にしすぎて管理上困ることもあります。

その一つが「長すぎるファイ名があるフォルダの削除」です。

普通、Windows環境であればエクスプローラで該当のフォルダごとまとめて消せばよいのですが…

全体のパスが長すぎる(大体シングルバイトで256文字以上?)あると、エクスプローラなどでは削除できません。

ちなみに、コマンドプロンプトのdelを使っても、長いフォルダ名のところでエラーになってしまいます。

こういった場合、一番簡単な方法は「ネットワークドライブの割り当て」などでパス名を短くする、というのが一般的です。

MSのサポートでもそういった回答があります→NTFS ファイル システム上のファイルまたはフォルダを削除できない

しかし、これだと該当のフォルダをいちいち見つけなくてはいけません。

そして、その都度ネットワークドライブを貼りなおして…なんてとてもできません。

というか、私もずっとその方法でユーザからの「まとめて削除して!!」という依頼に対応していたのですが、時間がかかります。

しかし、かなり簡単かつ素早く削除する強力な方法を見つけました。

それが

Robocopyを利用する

です。

RobocopyはMSが提供する「堅牢な」(ここ重要)なコピーツールで、データ移行などは大抵これを使います。

実はコピーツールはいくつかあり、速度が速いのはいくらでもあるのですが、Robocopyの「堅牢さ」を考えると、結局Robocopyに戻って来てしまいます。

それはさておき。

Robocopyで簡単に削除する方法はコマンドで

Robocopy <空のフォルダ> <削除したいフォルダ>

と指定すればOK。

Robocpyの基本は

Robocopy<コピー元フォルダ> <コピー先フォルダ>

という構文ですが、基本的にコピー元からコピー先への一方向(上書き)です。

オプションを変えればいろいろできますが…

そこでこれを逆手にとり、空のフォルダで消したいフォルダを上書きすればOK。

Robocopyは上記のパス長の制限もお構いなしにコピーできる強力なツールですので、こういった荒業もできます。

私も最近これに気づいて使用し、いとも簡単に何十GBのフォルダを真っさらにしました。

その分強力なので、間違って消したくないフォルダを消したりしないようにしてください。

そこは自己責任で。

【補足】

なんで「長すぎるパスになるんだよ」「作れるのに消せないってどういうこと」と思われる方もいるでしょうが、使用する際は結局ユーザさんがネットワークドライブ割り当てしてショートカットしてるんでしょうね。

なので、作った本人で消していただきたいのが正直なとこなんですが…ねぇ。
関連記事
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © AKIND’S HACKS ~ぼっちグルメとHACKSのサイト~ all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ