【PR】

「こんな弱小ブログでもそこそこ稼げているという事なんだよ!!」
忍者AdMax
Ω ΩΩ<ナ、ナンダッテー!!

最新記事

人気記事ランキング

管理人他サイト更新記事

管理人の他サイト(ブログ)の最新記事一覧です。

カテゴリ

最新コメント

お気に入りRSS

お気に入りのRSSです。統一感ないです…
DATE: CATEGORY:ノンフィクション
世界で一番いのちの短い国: シエラレオネの国境なき医師団 (小学館文庫)
山本 敏晴

4094087400
小学館 2012-07-06
売り上げランキング : 173547

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

日本人の「国境なき医師団」の医者でもある著者が、生の現場の声と体験をまとめたものです。

「国際貢献」と言う名のもと、お金だけ出すような国もあるなか著者は実際に数々の現場に乗り込んでいきます。

それ故に内容には説得力があります。

国際貢献といっても、現場はまさに死と隣り合わせであったり、地獄の間近であったり。

そしてお偉い方・現場を知らない人達の「理想」と、現場で求められる「声」とがかならずしも一致しないことが良くわかります。

特に、日本人の筆者が通して語られる「西洋文明の押しつけのような国際貢献への疑問」には、非常に共感します。

さらに、それを決して「愚癡」だけに終わらせず、現場レベルからも変えていこうという想いと行動には頭が下がります。

と言っても、筆者を含めた派遣団が、決して聖人君子ばかりの集まりでもなく、むしろ人間臭い人々ばかりであるのも好感がもてます。

良くも悪くも、結局は人対人の現場である以上、そこには様々な人間模様や摩擦もあります。

上司や同僚との人間関係、現地のステークホルダー(利害関係者)、そして現地の人々…

国際貢献に興味のある方も、そうでない方も「これが現実」ということを知る上で非常にためになる一冊です。

漢字使用率チェッカーによる算出結果

全体の文字数: 618
漢字数: 204
漢字率: 33.01%
比較的、適正な漢字使用率です。




関連記事
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © AKIND’S HACKS ~ぼっちグルメとHACKSのサイト~ all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ