【PR】

「こんな弱小ブログでもそこそこ稼げているという事なんだよ!!」
忍者AdMax
Ω ΩΩ<ナ、ナンダッテー!!

最新記事

人気記事ランキング

管理人他サイト更新記事

管理人の他サイト(ブログ)の最新記事一覧です。

カテゴリ

最新コメント

お気に入りRSS

お気に入りのRSSです。統一感ないです…
DATE: CATEGORY:Webサイトレビュー
一目見て「先にやられた!?」と感じたサイトが立ち上がっていました。

迷惑メールだと分かっていても面白いネタを共有する「SPAM MUSEUM」

上記で紹介されているのが、迷惑メール(スパムメール)を共有するサイト、SPAM MUSEUMです。

http://meiwaku.me/

私が「先にやられた!?」と思ったのは、同じように「迷惑メール(スパムメール)を逆に有効に利用できないか?」と日頃考えていたからです。

フィルタリング機能によって大方の迷惑メールはブロックされていますが、それでも結構な数が届く場合もあります。

とうか、そもそもメールソフトによっては単に「迷惑メール」のフォルダに入るだけで、システムに負荷がかかっているのは変わりない場合も。

なら、その迷惑メールを逆に有効に使えないか?と思っていたのです。

最初は、自動的または半自動で迷惑メールをWebサイトに掲載して晒し上げる「迷惑メール晒しサイト」を考えていました。

が、SPAM MUSEUMの方がアイデアが良いですね。

少し話はそれますが、迷惑メールも結局は人が作ったもの。

もちろん、大量にメールを送る機能などはツールですが、文面までは考えてくれません。

誰かが「送りつける」という意思がある限り、何時まで経っても迷惑メールはなくならないでしょう。

なぜ迷惑メールが作られるのか?

目的は色々あるとは思いますが、その中の一つが

金儲けになる

からでしょう。

そこには「ある程度楽して」という言葉が先に入ると思います。

住宅の郵便受けにもいまだにダイレクトメールやアダルトチラシがはいることがあります。

これらは、もちろん新規顧客を呼び込むためでしょう。

迷惑メールもこれと似ているところがあります。

決定的に違うのは「迷惑メールの方がはるかに安くて手間もなく大量に作成して送りつけることができる」ということです。

アダルトチラシでは、印刷代やそれを各戸配布する手間や人件費がかかりますし、そこから足がつく可能性があります。

迷惑メールでは、そのような手間とコストをツールなどで自動化できるため、大量に出回ってしまいます。

実際、アダルトチラシでかつてあったような内容が、迷惑メールでも散見されますから。

迷惑メールの作成者・送信者が

作るのも、送信するのも大変で、しかもリスクが高い

という状態に仕組み作りや法整備・環境整備をしない限り、これからも増えていくでしょう。

ともあれ話は戻りますが、SPAM MUSEUMのような発想の転換は素晴らしいと思いました。

漢字使用率チェッカーによる算出結果

全体の文字数: 1053
漢字数: 230
漢字率: 21.84%
比較的、適正な漢字使用率です。




関連記事
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © AKIND’S HACKS ~ぼっちグルメとHACKSのサイト~ all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ