【PR】

「こんな弱小ブログでもそこそこ稼げているという事なんだよ!!」
忍者AdMax
Ω ΩΩ<ナ、ナンダッテー!!

最新記事

人気記事ランキング

管理人他サイト更新記事

管理人の他サイト(ブログ)の最新記事一覧です。

カテゴリ

最新コメント

お気に入りRSS

お気に入りのRSSです。統一感ないです…
DATE: CATEGORY:Webサイトレビュー
たまにGIGAZINEは素晴らしい紹介記事をアップしてくれるので、意外に侮れません。

今回も、色んな可能性・有用性をもったツール(ソフト)を紹介していました。

A4サイズの紙1枚に1MBのデータを印刷してバックアップできるソフト「PaperBack」を実際に使ってみました

要は「敢えて紙に打ち出してデータを保存する」というツールです。

本家はこちら(PaperBack)。

http://ollydbg.de/Paperbak/

簡単にいうと、1MB程度のデータをQRコード(バーコード)のような形式でプリンタアウト。

復元の際は、このツールを使ってもとに戻すというもの。

外付けHDDや大容量のメディアがあるのに、なぜプリントアウト?と思うかもしれません。

しかし、メディアにも劣化はありますし、専用の機器を使わないと読み取ることができません。

読み取りが特殊、と言う意味ではこのツールも同じですが、プリントアウトできるというのが最大の特徴。

紙でなくても、プリントアウトできるのならもっと耐久性の高いものにプリントすればよいと思います。

少し話はずれますが、古代遺跡など石造りの建造物に彫刻された文字・絵って、意外と昔の人の知恵かもしれません。

紙や木ではいつかはボロボロになります。

しかし石であれば、割れない限りは半永久に近いといえるのかも。

それを見越して、過去の賢人たちは石に重要なメッセージを残したのではないでしょうか。

同じように、重要な情報などは、このツールを使って石やそれに近い自然の半永久物にプリントあうと(もしくは刻印)するという手も。

復元にはツールが必要ですが、オープンソースのツールですので、その内容を別に「普通に目に見える形」で保存・保管しておけば、未来の人なら復元できるでしょうし。

絵などのアナログなものは、元の形で残すのは難しいでしょう。

しかし、文字や数式などのデジタル的なデータであれば、記録する媒体をいろいろ変えたり、複写したりすることはできます。

昔なら紙や木・石、そして口承文学などもこれに相当するのかもしれません。

仏教などは、経典を暗唱して、それをまた弟子たちに受け継いだり、紙などの記録媒体ができると、書き写したりして伝承していったようですし。

まあ、そこまで飛躍した話をしなくても、この技術を応用して、

・透かし彫りにする

・何かの背景に紛れ込ませる

とかすれば、現在でもスパイなどが秘密裏に情報を移動させるのにも使えるかも。

うーん、こういう話もまだ飛躍しているかもしれませんが。

こういった「自由な発想」のツールって、なかなか日本じゃ育たないのですかね。

漢字使用率チェッカーによる算出結果

全体の文字数: 1082
漢字数: 239
漢字率: 22.09%
比較的、適正な漢字使用率です。

関連記事
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © AKIND’S HACKS ~ぼっちグルメとHACKSのサイト~ all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ