【PR】

「こんな弱小ブログでもそこそこ稼げているという事なんだよ!!」
忍者AdMax
Ω ΩΩ<ナ、ナンダッテー!!

最新記事

人気記事ランキング

管理人他サイト更新記事

管理人の他サイト(ブログ)の最新記事一覧です。

カテゴリ

最新コメント

お気に入りRSS

お気に入りのRSSです。統一感ないです…
DATE: CATEGORY:小説・フィクション
罪と罰〈下〉 (新潮文庫)
ドストエフスキー 工藤 精一郎

410201022X
新潮社 1987-06
売り上げランキング : 7364

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


普遍的ともいえるロシアの長編文学作品「罪と罰」の下巻です。

ドストエフスキーらしい、良くも悪くも長大な物語と、生々しい人間描写。

「一つの罪も百の善行で打ち消される」との考えで殺人を犯したラスコーリニコフ。

しかし予定外の殺人も犯し、その良心の呵責にとらわれたラスコーリニコフが最後に下した決断とは?

現在のどんなドラマよりも驚くほどドラマティックな展開です。

仮に「計画通り」の殺人がなされたとして、はたして彼は同じように「罪と罰」を感じることはできたのか?

そのように考えると、本作品は無限の広がりを見せるのかもしれません。

また、違った角度ですが、あの「刑事コロンボ」でおなじみの「先に犯人が分かっていて、それを刑事が追いつめる」という手法の元祖が描かれています(解説にも掲載されていますが)。

ともあれ、本好きなら一度は通っておくべき「ドストエフスキーの大作」です。

漢字使用率チェッカーによる算出結果

全体の文字数: 467
漢字数: 121
漢字率: 25.91%
比較的、適正な漢字使用率です。

※本レビューは自分がAmazonに投稿したものと同じです。
その他のレビュー一覧はこちら→アキンドのレビュー一覧
他の書店で購入の場合はこちら

ハイブリッド総合書店「honto」

livedoorBOOKS

日本最大級のオンライン書店 NETOFF
関連記事
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © AKIND’S HACKS ~ぼっちグルメとHACKSのサイト~ all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ