【PR】

「こんな弱小ブログでもそこそこ稼げているという事なんだよ!!」
忍者AdMax
Ω ΩΩ<ナ、ナンダッテー!!

最新記事

人気記事ランキング

管理人他サイト更新記事

管理人の他サイト(ブログ)の最新記事一覧です。

カテゴリ

最新コメント

お気に入りRSS

お気に入りのRSSです。統一感ないです…
DATE: CATEGORY:体験レビュー

ポイントアフィリエイト


http://travel.willer.co.jp/seat/cocoon/


前回の記事 では、コクーンの利点についてレビューしました。


今回は悪い点や改善して欲しいところを中心にレビューします。


【悪い点・要改善点】


1.足元が窮屈(特に男性)


このコクーンの最大の特徴として、


気兼ねなくシートをリクライニングできる


という主旨の利点と矛盾するようですが、これも事実です。


このコクーン、開発の際に女性社員の意見を取り入れているようです。


そのためか、男性にとってはサイズ的に窮屈と感じたのが、足元です。


フットレストを上げて脚を載せても、シェルで囲まれているせいか足元に行くほどスペースが狭くなっています。


身長170㎝の男性でも、脚を少し曲げないと入れません。


実際、今回のバスでもそのようにしているお客さんがいました。


私はあまり背が高くないので、ぎりぎり脚が伸ばせましたが、伸ばせないと熟睡するのは難しそうです。


2.間仕切りカーテンがない


これもコクーンの特徴である、


個室型


とは矛盾しているように思えますが。


せっかくシェルで囲っていますが、天井側および通路側は開放されています。


もちろん、照明や出入りがあるので、それは良いのですが。


間仕切りのカーテンが無いので、通路を移動する際にはちょっと見えてしまいます。


防犯を意識しているのかもしれませんが、そもそもパーテーションで区切っているので、それに間仕切りカーテンをつけてもあまり問題にはならないはず。


基本的に、照明は自分のところだけに当たる様に工夫されているますが、エンターテイメントシステムのTV画面の光などは、天井に反射して光が間接的に漏れた感じになっています。


3.トイレがない


これはコクーンの路線と時間を考えて、敢えてつけていないのかもしれません。


トイレ休憩は3回ありますので(東京~大阪の場合)、さほど問題はないでしょうが。


シェル型にしたために、そこまでスペースが取れないのが事実でしょうね。


4.やはり値段が高い!


これはもう少し会社側でも努力してほしいところです。


確かに、個室型にした分、設備投資額も大きく、なによりも同じサイズのバスの1/2程度の乗客数となるので、その分、運賃は高くなるのでしょうが。


ただ、東京~大阪間だと、MAXで12,000円以上します。


これだと、新幹線にだって乗れそうな額です。


同じ額で、しかも新幹線なら当日に到着できる!


となると、敢えて高速バスを選ぶ利点はどこに?となってしまいます。


もちろん、安くしすぎて品質や安全性が下がるのは問題ですが。


高速バスの利点である「リーズナブル」さを保ちつつも、一定以上の品質と確かな安全性。


会社側にとっては結構なハードルではあるでしょうが、ぜひとも挑戦していただきたいものです。


それと…


ここまで快適な環境にこだわるのであれば、ぜひ


フルフラット(180度にリクライニングできる)シート


も実現していただきたいものです。


寝台夜行バスというのは、中国にあるそうですが…


日本では安全性の問題から運行してないようです。


たぶん、シートベルト着用の問題などでしょうね。


ならば、シートベルトがあるシート+180度倒せる、というようにすればクリアできなくもない…かも。


ぜひとも各社で検討していただきたいものです。


漢字使用率チェッカーによる算出結果


全体の文字数:1310
漢字数:303
漢字率:23.13%
比較的、適正な漢字使用率です。

人気ブログランキング

↑この記事が気に入りましたらバナーをクリックしてください。

関連記事
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © AKIND’S HACKS ~ぼっちグルメとHACKSのサイト~ all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ