【PR】

「こんな弱小ブログでもそこそこ稼げているという事なんだよ!!」
忍者AdMax
Ω ΩΩ<ナ、ナンダッテー!!

最新記事

人気記事ランキング

管理人他サイト更新記事

管理人の他サイト(ブログ)の最新記事一覧です。

カテゴリ

最新コメント

お気に入りRSS

お気に入りのRSSです。統一感ないです…
DATE: CATEGORY:体験レビュー

2011年3月11日の東日本大震災以降、防災用品に注目が集まっています。


連絡手段としては、携帯電話(含むスマートフォン)を使うことが多いですが、災害時はつながりにくくなるのも事実。


その場合、一般の固定電話の回線や、会社であればLAN経由で専用回線を使う方がつながる可能性が高い場合もあります。


しかし、震災などで電源が使えない場合、ノートPCに使用が集中していしまいます。


そうなると、ノートPCのバッテリーが問題になります。


充電済みの電池がストックしてあればよいですが、普通はあまり予備を持っていないもの。


それならば、いっそのこと


乾電池も使えるノートパソコン


があれば良いのではないでしょうか?


探して見ると、数年前の記事ですが存在はしたようです。


乾電池で動く200ドルのミニノートPC


しかし、それ以降はあまり聞かないですね…


この時期では、まだノートPCの記憶媒体もHDDという機械駆動部分があり、どうしても消費電力は大きいと思います。


しかし、今はSSDが普及し、機械駆動がない分、消費電力も少なくなってきていると思います。


それならば、普通の乾電池でも動き、なおかつ充電式の乾電池ならそのまま充電できる、というものがあれば便利だと思います。


ノートPCの薄さを考えると、できれば単4乾電池で動く程度に抑えたいですね。


自動車の燃費は年々向上しているので、それと同じようにPCの消費電力もどんどん少なくなっても良いはずでです。


もちろん、課題はまだあると思いますが、チャレンジしてみる価値はあると思います。


それに…


ノートパソコン専用の電池(リチウムイオンなど)は、どうしても特殊な形状が多く、他機種との互換性がないのも個人的には不便だと思うところ。


昔、携帯電話の中には乾電池が使えるものもあり、その特徴を生かして「災害時も使える!」と謳っていた携帯電話もあったような。


新規ビジネスチャンスとしても、良いアイデアだと思うのですが。


漢字使用率チェッカーによる算出結果


全体の文字数:807
漢字数:231
漢字率:28.62%
比較的、適正な漢字使用率です。


人気ブログランキング

↑この記事が気に入りましたらバナーをクリックしてください。

関連記事
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © AKIND’S HACKS ~ぼっちグルメとHACKSのサイト~ all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ