【PR】

「こんな弱小ブログでもそこそこ稼げているという事なんだよ!!」
忍者AdMax
Ω ΩΩ<ナ、ナンダッテー!!

最新記事

人気記事ランキング

管理人他サイト更新記事

管理人の他サイト(ブログ)の最新記事一覧です。

カテゴリ

最新コメント

お気に入りRSS

お気に入りのRSSです。統一感ないです…
DATE: CATEGORY:ノンフィクション

封印された日本の離島

新品価格
¥550から
(2013/6/24 22:34時点)



バイクツーリングで瀬戸内海の島に渡ってから「日本の離島」に興味を持つようになり、いろいろと書籍を買い始めました。

その1冊目が本書です。

ムック本で手軽に読める価格とコンパクトさが良いかと思います。

カラーではありませんが、写真もそこそも多めで見開き4ページで一つの島、という構成ですので非常に読みやすいかと思います。

タイトルからして離島のミステリアスな点をメインに書かれているので、そこに住む人の雰囲気や自然などはあまり感じ取れないのは欠点ですが、先に述べたように手に取りやすいので、とっかかりとしては良いかと思います。

「日本にもまだまだ知られていないところがあるのだ」と再発見するのも良いかもしれませんね。

漢字使用率チェッカーによる算出結果

全体の文字数: 307
漢字数: 70
漢字率: 22.8%
比較的、適正な漢字使用率です。
DATE: CATEGORY:ノンフィクション
進化しすぎた脳―中高生と語る「大脳生理学」の最前線 (ブルーバックス)
池谷 裕二

4062575388
講談社 2007-01-19
売り上げランキング : 1315

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

久しぶりにブルーバックスの本を読みましたが、やはり科学が好きな人間にとっては楽しめる本ばかりです。

本書も非常に興味深く読まさせていただきました。

まだまだ研究が続く「大脳生理学」の分野で、学生さんとの対話形式で展開される本書は、非常にとっつきやすくなっています。

物を見るとき、脳の中では何がおこっているのか。

脳の記憶とコンピュータの記録の違いとは。

脳はこれまでどのように進化し、そしてこれからどうなるのか。

脳と人間の思考の関係は…

テーマとしてはここでは収まりきらないくらい挙げられています。

そして後半では科学と信仰の違い(というか同じ点について)も言及されているのが面白いです。

サブタイトル通り、中高生ぐらいから手に取って、読み、そして「いろいろ考えて・議論して」いただきたい一冊です。

漢字使用率チェッカーによる算出結果

全体の文字数: 456
漢字数: 114
漢字率: 25%
比較的、適正な漢字使用率です。

※本レビューは自分がAmazonに投稿したものと同じです。
その他のレビュー一覧はこちら→アキンドのレビュー一覧
他の書店で購入の場合はこちら

ハイブリッド総合書店「honto」

livedoorBOOKS

日本最大級のオンライン書店 NETOFF





DATE: CATEGORY:ノンフィクション
本田宗一郎夢を力に―私の履歴書 (日経ビジネス人文庫)
本田 宗一郎

453219069X
日本経済新聞社 2001-07
売り上げランキング : 1950

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

最初から最後まで、すんなりと心に入りながら読むことができました。

社長と言うと雲の上のような存在に感じる方も多いと思います。

しかし、この自伝でもわかる様に本田宗一郎はあくまでも「オヤジさん」であり、庶民の中の庶民です。

実際、経営は「女房役」と言われた藤澤武夫氏がメインだったようですが、だからこそ本田宗一郎はずっと「オヤジさん」でいられたのではないでしょうか。

しかし、その「庶民派」の言葉の中には、どんなエリートでも追いつくことができない「哲学」が備わっています。

トップゆえの視点、そして単なる号令ではなく、自らが「末端まで降りていく」本当の意味での「トップダウン」の考え方と実践。

それが本田宗一郎の魅力ではないでしょうか。

彼の言葉ひとつひとつに、閉塞感を打破する「オヤジさんの知恵」が潜んでいる、そんな感じがしました。

漢字使用率チェッカーによる算出結果

全体の文字数: 465
漢字数: 127
漢字率: 27.31%
比較的、適正な漢字使用率です。

※本レビューは自分がAmazonに投稿したものと同じです。
その他のレビュー一覧はこちら→アキンドのレビュー一覧
他の書店で購入の場合はこちら

ハイブリッド総合書店「honto」

livedoorBOOKS

日本最大級のオンライン書店 NETOFF





DATE: CATEGORY:ノンフィクション
チャイナフリー:中国製品なしの1年間
サラ・ボンジョルニ 雨宮 寛

4492222855
東洋経済新報社 2008-06-26
売り上げランキング : 395634

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

チャイナフリーというタイトルより、サブタイトルの「中国製品なしの1年間」の方が内容を良く表している一冊。

あるアメリカの家庭が「1年間、中国製品なしで過ごしてみてはどうか」と、単純でいて困難な生活の体験をつづったものとなっています。

アメリカが舞台のため、日本人にはなじみの薄い内容もあり、考察よりも体験をメインに書かれているためいささか退屈さを感じることもあります。

その分「アメリカの大量消費社会は中国が支えているのでは」と感じることが多くありました。

そもそも、日本以上にアメリカは大量消費であることを改めて痛感しました。

「イベント的なもののために、そこまで色々購入するのか?」と突っ込みたくなるくらいに。

本書以外の書籍の方が詳しいのでしょうが、

「安い商品は中国など人件費の安い国で作られていることが多い」

「あまりにも安い商品の裏には、そこで搾取的に働かされていることも多い」

ということを気づかせる内容でした。

できれば、このチャイナフリーの「日本版」が出てほしいものです。

果たして、日本ではどのような結果が出るのか?非常に楽しみです。

漢字使用率チェッカーによる算出結果

全体の文字数: 571
漢字数: 140
漢字率: 24.52%
比較的、適正な漢字使用率です。

※本レビューは自分がAmazonに投稿したものと同じです。
その他のレビュー一覧はこちら→アキンドのレビュー一覧
他の書店で購入の場合はこちら

ハイブリッド総合書店「honto」

livedoorBOOKS

日本最大級のオンライン書店 NETOFF





DATE: CATEGORY:ノンフィクション
アンティキテラ 古代ギリシアのコンピュータ (文春文庫)
ジョー マーチャント Jo Marchant

4167651793
文藝春秋 2011-11-10
売り上げランキング : 9140

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

海底から引き揚げられた奇妙な「機械」。

歯車で複雑に構成されたその機械は、約2,000年前の物であり、当時の科学技術の常識からすると考えられないものであった…

このように書くとすぐに

「オーバーテクノロジーだ」

「過去に宇宙人が地球にきて科学技術を教えた証拠だ」

などと、荒唐無稽に語りだすエセ科学者が飛びつきそうですが、本書はそう言った類のものではありません。

むしろそういった荒唐無稽な論調をする人間のせいで解明が遅れた、といったことも述べています。

それでも、この機械=アンティキテラのコンピュータが、考古学的にも科学技術的にも価値があり、知的好奇心を刺激するものであることに間違いはありません。

発見からその後の研究に至るまでの経緯を詳しく解説しており、最後まで興味深く読むことができます。

本書を通して改めて「文明とは?」「科学技術の発展とは?」と改めて考えさせられました。

アンティキテラの機械自体は歯車で構成されたものであり、「コンピュータ」と呼べるような電子部品はもちろん構成されていません。

しかし、逆に考えると歯車というシンプルな要素を、緻密な数学・物理の計算の上で複雑に組み合わせたその「設計」や背景にある「思想」が素晴らしかったのだと思います。

当時揃えられる「モノ」の中で、目指す目的のために数学や創造力をフルに活用してねりあげられた「アンティキテラの機械」。

現在ならコンピュータとプログラムですぐにできるものかもしれませんが、その代わりこの機械を創る過程で必要だった「数学」「創造性」は省略されてしまいます。

そうすると、どちらを当時と現代、いったいどちらの人の方が「頭がよく」「創造性がある」と言えるのか。

機械文明が発展しすぎた現代こそ、それに頼りすぎて真の「知性」「知恵」そして「創造力」が失われ始めているのかもしれません。

そんなことまで考えさせられる一冊でした。

漢字使用率チェッカーによる算出結果

全体の文字数: 907
漢字数: 246
漢字率: 27.12%
比較的、適正な漢字使用率です。

※本レビューは自分がAmazonに投稿したものと同じです。
その他のレビュー一覧はこちら→アキンドのレビュー一覧
他の書店で購入の場合はこちら

ハイブリッド総合書店「honto」

livedoorBOOKS

日本最大級のオンライン書店 NETOFF







copyright © AKIND’S HACKS ~ぼっちグルメとHACKSのサイト~ all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ